夢の銀行員、そして現実

"小さい頃の私は夢があるようで夢のない少年だったと思います。
幼稚園の頃から短冊や「将来の夢を書く」という行事の時
「プロ野球選手!」「Jリーガー!」と子供らしい夢を書いている友達がいる中
私は「銀行員」と書き、横に「安定した生活を送りたいので」と書いていました。
幼稚園年長の頃なので5歳くらいでしょうか。
その夢は小学校卒業するまで一貫して書いていました。
何故銀行員にこだわっていたのかというと15年近く前なので
現在話題のあのドラマの影響というわけではもちろんなく
ただ単純にお金が好きだから、お金持ちになるには銀行員だ、と小さい頃から思っていたので
銀行員と書いていただけでした。
その後本当になりたい夢を中学生の時に見つけました。
それが「サッカーに関わる仕事」というものです。中学生になってサッカー部に入部し
見る専門だったサッカーがますます好きになりました。
そしていつかはサッカーに関わる仕事がやりたいと思いながら
今現在はまったくサッカーとは関係ない車関係の仕事についています。
サッカーチームの事務、広報や雑誌のアルバイトへの転職を目指して現在は
そんなに楽しくもない仕事を毎日頑張っています。"

こちらのホームページも必見♪


ダイバーの資格を取得したい
© 人材派遣会社の人気ランキング【東京都版】. All rights reserved.