人材派遣とは責任分散?

"人材派遣について以前から感じている事があります。

人材派遣を営む企業、そこで登録して働くという働き方を選択する人、
それを求める企業とそれぞれニーズがあるので人材派遣という労働形態
自体は選択肢としてあって良いのだと思うのですが、時代の流れとともに
本来の姿から随分変わったなと思います。

人材派遣のそもそものイメージは就業先会社が今必要なスキルを持った
スペシャリストを送り込むというものだったのではないかと思うの
ですが、現在においては企業の募集から採用及び労務系のコストを
削減する単なるバイト斡旋業の色が強くなってしまったと思います。

もちろん募集・採用コストは企業にとって大きな負担ですし、ある程度
のスペックを提示すれば、それを持ち合わせた人を派遣してくれるわけ
ですから企業にとってはメリットが十分にあります。

ただ期待値以下の人だった時は企業側は派遣会社の責任としますし、
派遣会社は派遣した社員資質もしくは企業側の指揮命令の在り方に
責任があるという感じにする事も多々あり、派遣された人のケアや
育成といった部分はおざなりになっている事も少なくないのではと
感じています。

また派遣された人自体もすべての人がそうではないですが、仕事その
ものに対しての責任感が薄い場合もあります。

何かこうした3者間で責任分散された機械的な印象が最近の人材派遣
というものを見ていて感じます。"

こちらのホームページも必見♪


独身時代はよいと思ったけど
© 人材派遣会社の人気ランキング【東京都版】. All rights reserved.