喫煙者の一服休憩について

"職場には喫煙者が多数います。

以前はオフィス内でも定時以降は喫煙が可能でした。残業で疲れてきて早く帰りたいなあと苛立っている時に、ブワーッと煙草の臭いが漂ってくるとイライラが更に増しました。

さすがにこれだけの嫌煙ブームの時代になり、オフィス内では全面禁煙となりました。しかし、今度は喫煙者はことあるごとに煙草休憩をするようになりました。多い人は1時間に5~10分位は席を外しています。本人達は、外の喫煙所でも仕事の情報交換をしていると、さぼっている意識は薄いのですが、喫煙しない人にしわ寄せが来ることを頭に置いてほしいものです。
特に男性陣は連れだって一服しに行くことが多いです。一部署の全員が煙草休憩のために一緒に離席されては、その間は他部署の者が電話をとらなければならないし、緊急電話にはわざわざ本人を呼びに行かなければなりません。

先日、星野リゾートが喫煙者は採用しないとの記事を読みました。絶対吸うなとは言いませんが、勤務時間中であること、喫煙しない人のことを考えて行動してほしいと思います。

"

こちらのホームページも必見♪


やる気の出ない叱り方
© 人材派遣会社の人気ランキング【東京都版】. All rights reserved.